ウォーカープラス - ワラウ

夜の時間を豊かにするロッテの新提案チョコ 「YOIYO」誕生のきっかけとは?

2021年4月7日

  • 「ガーナ」や「クランキー」、「コアラのマーチ」などで知られるロッテが「日本に酔うチョコレート」をコンセプトとした新ブランド「YOIYO(ヨイヨ)」を誕生させた。その第一弾として長野県にある本坊酒造のマルス信州蒸溜所で造られるシングルモルトウイスキーを使用した「YOIYO<KOMAGATAKE>」を発売。そのきっかけと経緯をロッテと本坊酒造の担当者に聞いた。


    YOIYO「KOMAGATAKE」パッケージ


    ロッテの担当者・EC戦略部商品企画課の田中さんは、「本坊酒造さんの『地域文化の継承と革新』という経営理念に強く惹かれました」と話す。本坊酒造は今回コラボレーションすることになったマルス信州蒸溜所のほか、鹿児島県さつま市加世田津貫と屋久島の3カ所に熟成拠点を持つ。「土地ごとの気候や風土にこだわって製造・熟成を行っていることに感銘を受け、ぜひご一緒したいと思いました」


    ロッテから販売になった「YOIYO<KOMAGATAKE>」


    マルス信州蒸溜所は長野県中央アルプス駒ヶ岳のふもと、標高は798メートルにある。「花崗岩に磨かれた地下水があり、冬はマイナス15度、夏は30度以上と年間の気温の寒暖差が大きい場所。森の中なので空気が非常にきれいで霧も多く、樽の中のウイスキーは呼吸をするように空気を取り込みながら熟成を重ねていきます。今回、そうした環境や土地柄を生かしたウイスキー造りや商品展開をしていることに共感していただけたのはうれしかったです」と語るのは、本坊酒造の製造主任・河上さん。

    続きを読む