ウォーカープラス - ワラウ

パンパースが「おむつ回収プロジェクト」開始 全国で初めて“使用済み紙おむつ”を店舗でユーザーから直接回収

2021年4月8日

  • 「環境サステナビリティ」を長期的な重点課題として掲げるP&Gジャパン合同会社の乳幼児用紙おむつブランド「パンパース」は、全国で初めて、店舗で参加できる「おむつ回収プロジェクト」を4月中旬より開始する。それに伴い、4月6日に「『おむつ回収プロジェクト』メディア発表会」を開催した。


    「パンパース」が店舗で参加できる「おむつ回収プロジェクト」を開始


    「おむつ回収プロジェクト」は、使用済み紙おむつを、店舗にてユーザーから直接回収する日本初の取り組みだ。兵庫県神戸市内の小売店や保育施設など、計8カ所に約6カ月間、同ブランドが独自に開発した「おむつ回収ボックス」を設置する(イオン ジェームス山店・イオン 神戸北店・トイザらス・ベビーザらス 神戸ハーバーランド店など)。


    同社執行役員シニアディレクターのハリス バィラモウィッチ氏は、「何が地球にとって良いことなのか、赤ちゃんに良いことなのか。商品はどのようなものを提供するか、梱包材は何を使うか、提供した後はどうするか。問題点を洗い出し、おむつ廃棄量問題についても解決策を提供することにコミットします」と決意を表明。

    続きを読む