ウォーカープラス - ワラウ

スヌーピーミュージアムの新企画展はスポーツがテーマ!約45点の原画を一挙に公開

2021年6月10日

  • 2021年6月1日より営業を再開したスヌーピーミュージアム(東京都町田市)。7月17日(土)から半年間に渡り、新しい企画展「スポーツは人生のともだち」をスタートする。


    PEANUTS(ピーナッツ)にはスポーツにまつわるエピソードが頻繁に登場している。これは、作者のチャールズ・M・シュルツ氏が子供の頃からスポーツ好きだったことに由来するのだそう。


    スヌーピーミュージアムの新企画展「スポーツは人生のともだち」が7月からスタート


    今回の企画展では、カリフォルニア州サンタローザにある「チャールズ・M・シュルツ美術館」収蔵の貴重な原画の中から、スポーツを題材にした約45点を抜粋して公開。野球をはじめ、テニス、ゴルフ、アイススケート、アメフトなど、スヌーピーたちが挑戦しているスポーツは驚くほど多彩!例え上手くいかなくても一生懸命プレーする姿が微笑ましく、ちょっぴり笑える瞬間が詰め込まれている。


    また、展示物には草野球やスケートボードに興じる作者本人の写真も。スポーツのある日常を楽しんだ生前のシュルツ氏の姿は、チャーリー・ブラウンやペパーミント・パティの奮闘を彷彿とさせる。

    【写真】展示される原画の一部を公開。野球の試合に審判として参加するスヌーピーがかわいい!「ピーナッツ」原画 1954年6月22日


    ウッドストックがボールパーソンならぬ“ボールバード”に。「ピーナッツ」原画 1978年3月5日


    おなかで氷上を滑っているのは子供たちと……スヌーピー!「ピーナッツ」複製原画 1957年1月1日


    大雨の中、アメフトに夢中なペパーミント・パティ。「ピーナッツ」原画 1994年10月13日


    ゴルフトーナメントにルーシーが出場!?足元だけながら大人が登場する貴重なシーン。「ピーナッツ」原画(部分) 1954年5月16日


    従軍中、キャッチャーの守備につくシュルツ氏。1944年頃 (C)Schulz Family Intellectual Property Trust. Courtesy of the Charles M. Schulz Museu


    テニスモチーフのTシャツに身を包むシュルツ夫妻。1979年頃 (C)Alyce Sheehan. Courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center


    娘のジルとスケボーを楽しむシュルツ氏。1965年頃 (C)Schulz Family Intellectual Property Trust. Courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center


    「スヌーピーミュージアム」は、シュルツ美術館の世界で唯一の公式サテライト(分館)


    「スポーツは人生のともだち」展は、2021年7月17日(土)から2022年1月10日(月・祝)までの開催。7月11日(日)までは、「スヌーピーと、きょうだい。」と題した展示を行っており、こちらは有料のオンラインサービス「スヌーピーミュージアム・オンライン」でも鑑賞可能だ。


    (C) 2021 Peanuts Worldwide LLC

  • 記事一覧に戻る