ウォーカープラス - ワラウ

大人も1日限定でキッザニア体験!日本上陸15周年記念で初の特別プログラム登場

2021年7月21日

  • 「こどもが主役の街」として、楽しみながら社会の仕組みを学べる「キッザニア」。2021年は日本に上陸して15周年を迎え、“「なりたい」のために”というテーマのもと、さまざまなアニバーサリー企画を展開している。その中の一つとして、保護者限定の「映像クリエイター」体験が開催される。対象は保護者限定で、開催日時も2021年8月8日(日)17時30分からの1日限り。申込期間は7月21日(水)~8月1日(日)まで(申し込み多数の場合は抽選※定員12名)となる。オンライン限定のプログラムなので、施設まで行けない遠方の人でもPCさえあれば参加できるので、気になる人は急いで申し込みをしよう。大人を対象にしたリモートワーク形式でキッザニアを体験できるのは今回が初となるので、この機会をお見逃しなく。詳細は以下の概要をチェック!


    “「なりたい」のために”をテーマとした、15周年のメインビジュアル


    キッザニア東京内の街並み


    人気の映像クリエイターの仕事を1日限定で保護者が体験!


    「キッザニア」といえば、施設内には、子供目線に合わせて約3分の2サイズで作られた街が広がり、その中で約100種類もの仕事やサービスが体験できる“仕事のテーマパーク”だ。通常キッザニアでは、大人がアクティビティを体験することはできない。しかし、今回の企画では、2021年8月8日(日)の1日1回限定とはなるが、子供たちの身近な存在である保護者が仕事体験できる貴重な機会となっている。

    続きを読む