ウォーカープラス - ワラウ

内藤秀一郎が「歴史の重みがプレッシャー」と語る映画『スーパーヒーロー戦記』公開

2021年7月22日

  • 2大ヒーローが共闘する映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が7月22日(祝)に公開。仮面ライダー50周年、スーパー戦隊シリーズ45作目というアニバーサリーイヤーを記念した本作は、「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」の面々に加え、数々の歴代ヒーローが登場することでも注目を集めている。


    『仮面ライダー+スーパー戦隊 スーパーヒーロー戦記』主演の内藤秀一郎


    主演を務めるのは、「仮面ライダーセイバー」で神山飛羽真を演じる内藤秀一郎。テレビシリーズクランクアップ直後の内藤に、ヒーローを1年間演じての変化や映画の見どころなどを語ってもらった。


    【写真】「仮面ライダーセイバー」の主演を務めた内藤秀一郎の撮り下ろしカット多数!


    ――先日、「仮面ライダーセイバー」のクランクアップを迎えたそうですね。


    【内藤秀一郎】2月に上映された短編映画で、バハト/仮面ライダーファルシオン役の谷口賢志さんから、「1年って本当に早いから、思い残すことがないように」と言われて。その時は噓だと思ってたんですけど、今は「やっと終わった!」って気持ちと、「本当に1年早かったな」っていう気持ちの両方を感じています。楽しいことや好きなことをやっていると時間が経つのが早いって言うじゃないですか。それすらレベルが違うくらい、25年生きてきた中で一番時間の流れが早かったです。1年間、いろいろな経験をさせていただきました。

    続きを読む