ウォーカープラス - ワラウ

関東と関西でサイズがちがうって本当?日本で1番有名な桶「ケロリン桶」が愛され続けるワケ

2021年9月15日

  • 鮮やかなイエローに丸みのあるフォントで「ケロリン」と書かれた桶。これは「ケロリン桶」と呼ばれ、銭湯ではお馴染みの存在。この桶を見て、なんとなく懐かしい気持ちになる人も多いのではないだろうか。


    そんなケロリン桶が今、若い世代を中心に「レトロかわいい」と人気が再燃している。お風呂場でマイ・ケロリン桶を使う人が続出しており、なかにはお風呂をケロリングッズで揃えて黄色1色にしてしまう熱狂的なファンも増えているそうで、実は筆者もその1人である。


    今回は、ケロリン桶がここまで愛されている理由を探るべく、富山めぐみ製薬(旧・内外薬品)OTC事業部の北村学さんを直撃。若い世代に人気の理由や関東と関西のちがいなど、ケロリン桶を大解剖!


    銭湯でお馴染みの黄色い桶。現在は関連グッズも多数販売されている


    なぜ「ケロリン」?本当は桶の名前ではない!


    そもそも「ケロリン」は、大正14年に「くすりの富山」で知られる富山市で生まれた解熱鎮痛剤。現在も多くの家庭で親しまれている薬だ。


    「ケロリン」というかわいい名前は、“ケロッと治る”という意味から名付けられた。北村さんは「おそらく最後の『リン』については、成分であるアスピリンの『リン』とかけて、“ケロッと治るアスピリン”の略ではないかと思われます」と話す。

    続きを読む